きもので忘年会♪

きらく庵主催の八子由理子さんとは10年来のお付き合い。

まあ、できる女子!とはこの方のことを言うのでしょう。

物事に対して、自分らしさを失わずに中立を保てる、尊敬する友人の一人です。

 

そんな彼女です。めっちゃ忙しい人なので

ゆっくりできるときに忘年会をしちゃいましょう!ということで

きものの日である11/15にきもの好きを集めて開催しました。

 

私には母や伯母が持っていたきものがたくさんあるのです。

着るものですから、着てあげなきゃもったいないでしょ?

それを娘に譲ろうとしても、寸法が合わないのだから余計です。

箪笥をあけて、きものえらび。

「これもしつけがついたままだ、あ、これも。」

「この帯はどれと合わせたら今風になる?」

そうなんです。色、柄、形など、時代の流行がしっかり繁栄しています。

もちろん元の持ち主の好みも。

いつの時代も女子はオシャレに敏感です。

 

それをとっかえひっかえ、小物で自分色に変えていけるんです。

最近、それがわかってきました!

今回の?な点は、羽織の袖丈がきものと合わないということ。

それを八子さんに聞いたら、いいんじゃない?大丈夫よ。と。

「着たいように着ればいいと思うよ。こだわればきりがないし」

きもののほうが短いと出ちゃうけど、長いならちょっと折り込んじゃえばいい。

 

きものって現在では着ていく場所がかしこまった場面だし、

普段着るものではないというイメージがあるし、『固い』ですよね。

それって思いこみです。

別にいいんですよ。要は着る物です。

いつでも着ましょう!

それには着方を覚えないとね(;^ω^)

 

いつ習いに行けるんだろう・・・

いやいや、時間は作るものだよねー( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

コンサート・ピアノサロン 樂~GAKU
〒274-0815
千葉県船橋市西習志野4-2-1
電話番号:090-4200-8819
メールアドレス:dora_antiquecafe@yahoo.co.jp

facebookはこちら
http://bit.ly/29rF7u5