雪柳

「あ!この香り!」

春になると近隣の団地の植え込みの雪柳が一斉に咲きます。

大好きな香りです。

 

昨日はとっても暖かいと予報がでていたので

サロンに予約がないことをいいことに(よくないですけど、笑)

布団を干し終わった後、娘と散歩にでかけました。

 

沈丁花がチラホラ咲き始めていて、

自宅の庭にも欲しいな~といつも思っては

場所選ぶし、難しいしかな・・・と断念しています。

日当たりのよいところは梅や河津桜が満開でした。

木蓮もつぼみをたくさんつけています。

緑も増えてきました。

 

自宅最寄り駅まで歩いて20分。

それを最寄りというのか置いといて・・・笑

綺麗に整理整頓されている他人様の庭をみて、

公園の植え込みをみて、石楠花のつぼみがもうでていてびっくりしたり、

たんぽぽって最近減ったな~と思ったり。

庭いじりは好きだけど、目をかけてあげる時間がとれないので

ここ何年かは散歩で満喫することにしています。

春なんだね~とこれから咲く花が楽しみです。

道行く人も薄着。子どもは半そででした。

 

雪柳やさつき、つつじは幼稚園生まで団地っこだった私には

思い出の花なんだな~と思いました。

公園の周りにはつつじが咲きほこれば、公園一帯が赤むらさきに染まり、

その香りにむせるほどでした。

蜂が飛び交い、今ここで知り合った女の子や男の子と

キャーキャーいいながら逃げ回ったり、

ルールを自分たちで決めてなんだかわからないゲームを始めたり、

年齢も様々で、そのうちボスっぽい子が仕切ったり、

ちいさいけんかをしながら、仲間ができて。

近くに親なんていなかったな~。

子どもたちだけで社会が出来上がってた。

暗くなれば「また明日ね」って別れて

でも明日なんてわからなくて。その子は来なくて。

 

子どもがそうだったように

たぶん、その親たち同士もなんとなく見知っていて

みんながみんなを見守っていたんでしょうね。

良い時代だったんだなと改めて思います。

 

関わるのって面倒だけど、

でも人間にとって必要なことと思います。

そうやって、他人との距離を図ることを覚えていくんでしょうね。

 

助けられて生きているよね。

決してひとりではない。

「一人は寂しいから」ということだけではないと思います。

めんどくさいからこそ、必要なんだと。

 

 

雪柳も庭に植えたいな、って何度思ったか。

でもやめておきます。

団地を散歩すれば見れるから。

 

 

 

コンサート・ピアノサロン
樂~GAKU
〒274-0815
千葉県船橋市西習志野4-2-1
電話番号:090-4200-8819
メールアドレス:dora_antiquecafe@yahoo.co.jp

facebookはこちら
http://bit.ly/29rF7u5