イーグル君

種子島に住む両親から封書の手紙。

「なんだろう」

可愛がっていた猫のイーグル君が実は年明け早々にお星様になったと。

 

今はもう3月だから2か月間も黙っていたのね。

辛すぎて言葉にできなかったと言っていた。

やっと少しづつ思い出になってきたのかな。

 

ノラ猫を保護して8年。

メインクーンの血が混じっているのかとっても大きかった。

「私たちが先かイー君が先か」なんて言っていたのに。

 

 

ペットの死はつらいね。

特に年寄りにとっては子どもと同じだし。

その辛さを両親は乗り越えられのるか心配です。

といって新しく飼うわけにもいかないし。

 

うちにも4匹いる。

1番上は10年近くなるから、あと何年か。

看取ってあげられることでよしとしたい。

みんなノラ猫だったから、放っておけばきっともっと短い人生だったしね。

保健所行きを免れて

ねこの一生を全うできて

暖かい部屋で美味しいごはんを食べられて

可愛いねといってなでてもらって

生きている間に責任をもって精一杯可愛がってあげる。

それが飼い主の役目。

 

キミらはそばにいるだけで

ありがたい存在だよ。

ありがとう。

 

 

 

コンサート・ピアノサロン
樂~GAKU
〒274-0815
千葉県船橋市西習志野4-2-1
電話番号:090-4200-8819
メールアドレス:dora_antiquecafe@yahoo.co.jp

facebookはこちら
http://bit.ly/29rF7u5

«