ピアノ弾くって楽しーっ!

先日の日曜日に本番がありました。

今回で3回目となる木管アンサンブル六花のコンサートです。

 

間際まで開催を話し合い、いよいよ決行と決まったのは、6月7月。

曲目も演奏時間も大幅変更となり、

並べてみたら、大半が作曲家石原勇太郎さんの作品となりました。

 

木管5重奏以外はずっと弾いてました。

フルート、オーボエ、ホルン、ファゴット、クラリネット+ピッコロ、Esクラ、フリューゲルホルン。

計8本のソロと、ラヴェルのクープランの墓。

樂のコンサートでも1時間半のコンサートの間、伴奏としてずっと弾いているわけですから

そのぐらいはできなきゃ嘘なわけです。

 

やればやるだけ楽譜から見えてくるので

練習が楽しかった!

 

5人の個人差を聴き分け、それぞれの曲の特徴を読み、

石原さんの面白さをだし、

そしてなにより

ソリストが気持ちよく、かっこよく演奏できるように陰からサポートする。

 

そして、本番でいつもやらないことをしでかすという・・・

ああ、ごめんなさい。

緊張からくるものではなかったと思うんです。

多少は関係しているだろうけど

それよりも集中力かなと思いました。

 

2、3分毎に演奏者が変わり、雰囲気や呼吸、

楽器演奏のキャリアの違い、それに対応する力が足りなかったなと思います。

 

 

それが証拠に昨日は一日、頭の中でソリストたちの声が幻聴のように聞こえてました。

怖っ。

ストレスもあるんだろうけど。

 

 

でも、歴史的な作曲家の作品ではない曲を弾くのは本当に楽しかった。

譜読みも楽しかった。

作曲家の意図するところを探していくゲームのようで。

 

 

また弾く機会があったらいいけど。

 

 

 

コンサート・ピアノサロン
樂~GAKU
〒274-0815
千葉県船橋市西習志野4-2-1
電話番号:090-4200-8819
メールアドレス:dora_antiquecafe@yahoo.co.jp

facebookはこちら
http://bit.ly/29rF7u5